Latest

カーボンニュートラルの農業分野で知られているのは、トウモロコシでしょう。トウモロコシを栽培し、エタノールを生産します。このエタノールを燃料としていくことにより、二酸化炭素の発生を植物原料に頼ろうということです。

トウモロコシを栽培し、発酵させて蒸留します。このエタノールは、化石燃料を基に作りだす合成エタノールとは違い、新たな二酸化炭素を生み出さないカーボンニュートラルな燃料として期待されています。再生可能な自然エネルギーでもあり、世界中で爆発的に増加しました、非常に合理的な方法であり、燃料として植物だけを使うことができるのであれば、新たな二酸化炭素を発生させない方法です。しかし、いくつもの問題も抱えていることがわかってきました。

トウモロコシを使い、発酵させ蒸留させる間に化石燃料を使えば、カーボンニュートラルは成立しません。さらに、トウモロコシを作付するために、森林を伐採してしまえば、二酸化炭素を地中に返すことができる量が減るため、これもカーボンニュートラルにならないのです。非常に難しい問題も抱えていますが、これを乗り越えることができれば、確実に二酸化炭素の排出量を増やさないようにして行くことができるでしょう。