二酸化炭素の排出は、地球環境に対して大きな影響を与える問題です。地球温暖化に大きな影響を与える可能性がある重要な問題であり、人間が生活して行くうえで、避けては通ることができない事実でもあります。人間は酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出すことで生きていいるでしょう。さらに、火を作り出すために、木を切り、穴を掘って燃料を作りだしてきました。この燃料を使うことで、二酸化炭素を発生させてきたのです。

有機物である植物は二酸化炭素を吸収し、根や葉に変えていきます。ですが、決して減らしてなくなるものではありません。有機物として蓄えられた二酸化炭素は、植物が枯れたりしたときに分解され、また二酸化炭素に戻ります。地球環境は、こうした循環をしてきたのです。化石燃料も、もとをただせば植物ですが、これも二酸化炭素であると考えていいでしょう。地球はかつて、もっと二酸化炭素の多い時代がありました。そのバランスの名残ともいえるのが、枯れて地中に深く保存されてきた化石燃料なのです。

現在の植物を燃料として使ったとしても、これを利用している植物が存在することから、プラスマイナスゼロにできるのではないかという考え方が、カーボンニュートラルの基本になっています。化石燃料を使うことで、過去にあった二酸化炭素が多かった時代に戻ってしまうといえるでしょう。そうならないようにするためにも、農業という植物を育てる原点からカーボンニュートラルを考えていかなければいけない時代になってきたのです。